【厳選】血糖値を下げるサプリランキング@イヌリンサプリ徹底比較!

血糖値 サプリ

血糖値が上がる原因は?

 

血糖値が上がる原因に関して、炭水化物などを摂取して消化吸収されて血液中に送られるからです。健康であればインスリンがきちんと分泌されるので血糖値はある程度は上がりますが少しずつ下がっていきます。

 

またインスリンというのはすい臓で作られるホルモンであり、働きとしては糖を血液から細胞に流し血糖値をコントロールします。ただこのインスリンが作用しにくい身体になってしまって、細胞へブドウ糖が入り込む働きが低下してしまって血糖値を高めてしまい、それが続いてしまうと糖尿病を引き起こしてしまいます。

 

とにかく食べ物によって血糖値は上昇しますが、ご飯やパンそして麺類が血糖値を上げる代表的な食べ物になりますが、さらにイモ類や果物、砂糖を含んだ食べ物や飲み物が血糖値を高めてしまいます。炭水化物というのは消化吸収後にブドウ糖になって肝臓を通過後に、血液中に入り込んだ後にエネルギー源になります。そして血糖値というのは1dl中にどのくらいのブドウ糖が含まれているかということによって分かりますので、これを知ることによって何気なく摂っていた糖分を避けることを意識するようになります。

 

また糖尿病において食生活は非常に重要であり、糖尿病になれば食事療法は必須となります。ですので血糖値が高い状態であればもちろん食生活を整えるということが必要になりますので、主食を減らしたり玄米や玄米パンなどに変えたり、副菜を増やしたりするということを意識して食事するようにしてみてはいかがでしょうか。

 

血糖値とヘモグロビンA1cとの関係

 

みなさんはヘモグロビンA1cというものについてご存知でしょうか。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。自分の血糖値の状態を知っていく上において、とても大切な目安となるものが「ヘモグロビンA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」というものです。これは血液検査の中にある「HbA1c」という項目にあたるものです。ヘモグロビンという言葉は聞いたことがあったとしても、ヘモグロビンA1cというものが何なのかは大概の人は良く分かりませんよね。

 

ヘモグロビンは、血液中のブドウ糖と結合するといった性質を持っていて、そのブドウ糖と結合した一部がヘモグロビンA1cというように呼ばれているのです。血液中に余分なブドウ糖があって高血糖の状態がずっと続いてしまうと、ヘモグロビンとブドウ糖はどんどん結合していってしまうために、血液検査でヘモグロビンA1cの数値が着目されているというわけです。

 

それではこのヘモグロビンA1cは血糖値とはどう違っているのでしょうか。ヘモグロビンA1cは、過去1〜2ヶ月における血糖の状態を反映してくれるものなので、血糖値よりもより正確な血糖状態が分かると言われています。血糖値は食前と食後ではそれぞれ値が変わってきてしまいます。それにストレス等でも値が左右されてしまいますから、血糖値だけで一喜一憂することは出来ません。

 

例えば1ヶ月前の検査の時と比べてみて、血糖値は下がっているのにHbA1cの値は上がっている、そんなケースはたまたまこの時に血糖値が下がっていただけであり、1ヶ月間の血糖状態は良くなかっただろうと考えることが出来ます。ヘモグロビンA1cというのは、長い目で血糖状態を判断する上においては必要な数値であり、HbA1cの値が5.4-5.9%以上である人は、糖尿病が進んでしまう恐れがあるために、専門的な治療が必要となってくるでしょう。食事療法だけではなかなか改善されないこともあるために、出来るだけ早めに医療機関を受診しておきましょう。

 

血糖値を予防するには?

 

まず健康診断で色々と数値が出ると思いますが、その中で注目すべきは空腹血糖値になります。正常な状態であれば70〜110mg/dl未満であり、糖尿病予備軍が110〜125mg/dl、そして125mg/dl以上となると糖尿病型となります。この中で注意すべきは糖尿病予備軍、つまり境界型と言われる数値の方ですが、まずこの数値が出れば再検査を推奨されますので必ず受けるようにしましょう。

 

再検査で調べるのが食後2時間後血糖値であり、ブドウ糖を溶かした液を飲んで2時間後の血糖を見ます。その際の正常な基準値は140mg/dl未満、糖尿病予備軍の境界型が140〜200mg/dl、糖尿病型が200mg/dl以上となります。糖尿病というのは発症すると治らないので、とにかく境界型の数値だった場合は生活習慣を見直す必要があります。

 

どうして血糖値を下げないといけないのかという理由に関してですが、インターネットを見ると境界型糖尿病というのは女性は7割、男性は5割は8年以内に糖尿病を発症するというデータがあり、これが事実ならとにかく早めに生活習慣を見直す必要があります。糖尿病というのは非常に怖い病気であり、一生治療をしなければいけなくなってしまいます。

 

そもそも血糖値が高い状態が続くとメタボになりますし糖尿病になりますので、気付いたらすぐに血糖値を下げる努力をするといいでしょう。さらに高血糖が継続することで、血管が傷つけられて動脈硬化や心筋梗塞になってしまう危険もありますので注意してください。もちろん死亡してしまう危険性もありますので、適当に考えないようにすることが大切です。その生活習慣で特に意識すべきなのは空腹時の血糖をどう抑制するかになりますので覚えておきましょう。

 

血糖値を下げる食材をとれ!

 

血糖値が高い人に良く見られるのがミネラル不足ですが、ミネラルは野菜に含まれる栄養でインスリンの糖代謝の働きを助けます。ミネラルが不足しないように積極的に取り入れることで、糖尿病の症状を改善する為のサポートとなるわけです。

 

玉ネギには多くのミネラル成分があり、血糖値の高い人にはお勧めの野菜です。1日に4分の1個を目安として、それよりも多く食べたとしても血糖値が下がり過ぎたりしないので、健康維持には1日半分程度食べるとより良いかもしれません。注意する点は水にさらしてしまうと水溶性のビタミンが溶け出してしまう点ですので、栄養を摂り入れることを考えるなら、違う調理法で食べるようにしましょう。玉ネギには血管を詰まるのを防ぐ作用や肝機能の向上、老化防止などがあり、調理しやすい野菜という点や他の野菜との組み合わせもしやすいと言う点でも出来るだけ摂取して欲しい野菜です。

 

オクラはネバネバの成分がムチンやペクチンなどの食物繊維の一種で、血圧を下げる効果を持っています。他にも腸で糖質を包み込んでしまい、吸収されるのを抑制する効果があるなど、食後の血糖値の上昇を抑えてくれるのです。更にインスリンの働きを良くする、マグネシウムや亜鉛なども含まれている優秀な野菜です。

 

バナナは意外にも見逃されがちですが、栄養価に優れ、食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。なかでもカリウムが豊富で、これが血糖値を下げる作用があるので甘い物を制限している人は、バナナを1日に1本、おやつなどに食べる事で腹持ちも良いので十分満足出来る食材です。何より比較的安価で継続的に手に入りやすい事が魅力です。

 

シークヮーサーは沖縄原産の野生みかんで、ノビレチンという成分がありリウマチや骨粗鬆症、がんの予防に効果があるとされています。更には血糖値や血圧も下げる効果があることも分かってきました。なかなか目にする事の少ないシークヮーサーですが、ジュースになったものはスーパーやインターネットでも見かけるようになって来ました。

 

上記に挙げた食材の他にも血糖値を下げる効果を期待出来る物がたくさんあります。そのような食材を取り入れながら、食習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 

血糖値対策の運動は食後に行うべし!

 

運動は糖尿病の人にとって馴染み深い治療の1つですが、夕食の前か後かによって効果が異なる事がアメリカの大学の研究で明らかになりました。運動はいつ行っても血糖コントロールを改善する効果を得られるのですが、食後に行うとより効果的だという事が判明したのです。

 

運動をする時は運動の強さや持続時間などには注意がいきますが、どのタイミングですると良いのかまで気にする人はいなかったと思います。ですがその運動のタイミングこそが重要である事が分かり、今回の研究で運動を夕食後に行うと最も効果的であるということが分かりました。

 

研究には糖尿病患者13人が参加し、日を変えて○全く運動をしない、○夕食前に運動を45分行う、○夕食後に運動を45分行うの3つの条件で取り組んでもらいました。運動をしなかったり食前に運動した場合に比べ、食後に運動をすると中性脂肪が92%に抑えられ、血糖値の上昇は食前の運動をした場合は18%、食後の運動をした場合は30%、それぞれ抑えられていて、食後の運動が中性脂肪にも血糖値にも有効だということが分かりました。

 

糖尿病の人は脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患の危険性が高まります。主な原因は、食後に血糖値や中性脂肪値が上昇することにあります。運動によって抑える事が出来るのであれば、心血管疾患の危険性を効果的に回避する事が出来るはずです。

 

今回の研究で運動をしない日に比べて、食前に運動をすると血糖値のみを下げることが出来ましたが、夕食後に運動をする事で血糖値だけでなく中性脂肪の両方を下げられることが明らかになりました。毎日運動していても効果が出ないという人は、運動時間を変えてみると効果が現れるかもしれません。ただし上記の研究の改善効果は長く続くものではなく次の日には元に戻っているので、効果を維持するためには毎日の運動が不可欠となります。しかも個人によって最適な時間は異なる可能性があるのです。

 

結果的には運動はある程度の効果をもたらす事が分かりましたが、自分に合った時間帯と運動量を守りながら毎日継続する事を心がけましょう。

 

血糖値を下げるなら注目したいイヌリンの効果

 

現在生活習慣病にかかってしまっている人、そして将来的に発症する可能性がある生活習慣病予備軍の人がとても多くなりました。最近は偏った食生活をしてしまっている人が多いのですが、これも生活習慣病の発症率が高くなっている要因になっています。

 

この生活習慣病対策として注目されているのが、菊芋に多く含まれているイヌリンと呼ばれる食物繊維です。イヌリンというのは、様々な野菜や植物に含まれているのですが、現在分かっている中で特に含有量が多いのは菊芋になっています。生の菊芋の場合、その2割ほどがイヌリンによって占められている他、ミネラルやビタミンのように健康維持に欠かせない成分もバランスよく含まれているのも注目されている理由の一つと言えるでしょう。

 

イヌリンというのは脂肪分や糖の吸収を防ぐ働きがあるのですが、逆にカルシウムやマグネシウムを吸収しやすくする働きがあります。ですので骨粗しょう症対策としても適しているのです。

 

この菊芋の中でも特に有名な効能は、血糖値の上昇を防ぐというものではないでしょうか?この働きはイヌリンによってお米やパンなどに含まれている糖質の吸収を防いでくれているからです。この血糖値の上昇が続いてしまうと、インシュリンというホルモンの分泌が低下してしまい、最終的に糖尿病やメタボの発症リスクを高めてしまうことが分かっています。

 

菊芋の場合は糖質がほとんど含まれておらず、そのかわりに血糖値を抑えるイヌリンが豊富に含まれているため、血糖値を効率よく抑えることが出来るようになり、インシュリンの働きも正常にしていきやすくすることが出来るのです。

 

血糖値を下げるイヌリンの摂取方法やタイミングなど

 

便秘解消、ダイエット効果、糖尿病の予防や改善、血行促進などあらゆる健康効果、美容効果の高い成分と言われているイヌリンですが、さらに高い効果を得たいと思っているのであれば摂取するタイミングをしっかりと考える必要があります。

 

このイヌリンの特徴というのは、水に溶けたらゲル状になり胃から小腸で食べ物が移動する場合に緩やかにしてくれます。さらに糖質の吸収速度を遅くして急激な血糖値の上昇を抑制する働きがあります。さらにイヌリンというのは腸ぜん動運動に働きかけて便秘解消を促してくれます。つまり腸内環境を整える働きもあるといううことになります。そうなれば基礎代謝も高まりますし血行促進作用もありますので美容効果も出てくるようになるでしょう。

 

そんな多くの効果を期待することが出来るイヌリンも摂取するタイミングで効果が変わってくることがあります。どういったタイミングで摂取することが効果的なのかというと、食事の直前、食事中、食後すぐなどとにかく食事と絡んでいるときに摂取するというのがベストなタイミングと言えるでしょう。それによってより高い効果を発揮することが出来ますが、そもそも継続的に摂取しないことには効果は薄いので、飲み続けるのでしたら食事のタイミングで摂取するというのが分かりやすいのではないでしょうか。ちなみに、効果をすぐにでも得たいと思って過剰摂取してしまう方がいらっしゃいますが、そうなると逆効果になってしまって下痢や便秘を誘発してしまいますので、目安量を守って継続的に摂取するといいでしょう。